現代の心理占星術シリーズ講座1『現代の心理占星術のハウスを学ぶ~人間の成長段階としての12ハウス~』

募集中講座

今回の講座『全4回』とご案内しておりましたが、テキストの内容の豊富さに対して丁寧に解説させていただくと4回では収まらない旨を受講者の方にお伝えしたところ、『回数を増やしてじっくり解説して欲しい』と多数ご希望をいただいたため、講座回数を増やすことになりました。現在調整中です。どうぞよろしくお願いいたします。

 1月25日(金)『心理占星術の概論』、2月8日(金)『アセンダント・1ハウス』開催済分のインターネット講座の受講が可能になりました。


 『現代の心理占星術のハウスを学ぶ~人間の成長段階としての12ハウス~』全4回

初めての方途中からの受講も大丈夫です。

ハワード・サスポータスの原著を伊泉龍一先生が訳されたテキストを使用します。

(現在日本語訳では出版されていない貴重な資料です。)

★2月22日(金)は2ハウスの説明から始まります。

【日程】  2019年1月25日(金)、2月 8日(金)、 2月22日(金)、3月 8日(金)

      4月お休み、5月から再開します。

【時間】  13:30~15:30 ※13:10から入室可能です。

【会場】  1月25日 大阪駅前第2ビル

      2月8日、2月22日、3月8日 大阪駅前第3ビル

【受講料】 1講座 6,000円(税込)※当日現金のお支払いです。おつりが出ないようお願いいたします。

【講師】  伊泉龍一先生

【お渡しする資料】ハワード・サスポータスの原著を伊泉龍一先生が訳されたテキスト

【講座内容】 
心理占星術のハウスを学ぶ――人間成長のプロセスとしての12ハウス

ヘレニズム期から続く「伝統的占星術」は古代ギリシャの世界観と当時の「自然科学」的な原理に基づいていますが、20世紀後半の占星術は、伝統的な考え方をほぼ完全に捨て去ると同時に、新たに心理学的な要素を取り入れながら「心理占星術」という新たなアプローチを確立していきした。

特に占星術の中の「12ハウス」の概念は、その時代の「ヒューマニスティック心理学」や「トランスパーソナル心理学」の影響の下、人間が個として成長していくプロセスに重ね合わされていくことになりました。

今回は心理占星術における「ハウス」の解釈を紹介しながら、現代占星術の意味を改めて考えなおしてみたいと思います。

特に心理占星術のハウスの解釈として最も有名なもののひとつであるハワード・サスポータスの12ハウスの考え方を原著を基に紹介していきます。

その解釈の背景にある心理学的な理論から説明していきますので、すでに「ハウス」について学んだことがある方も、新たな発見があることと思います。


当日、皆さまにお会いできることを楽しみにしております♡

コメント