【大阪梅田】現代の心理占星術講座3『トランスサタニアン~天王星と海王星と冥王星の象徴的意味~』全3回(回数予定)

伊泉龍一先生講座

最新情報  

  • 講座回数は3回の予定をしておりますが、講座の進み具合によって回数が増える場合もございます。その分他では聞けないようなお話をたくさんしていただけます。あらかじめご了承ください。
  • 開講後にインターネット講座を予定しております。初めての方途中からの受講でも可能です。
  • お申し込み前に『お申し込み前にお読みください。』をお読みください。
  • トランスサタニアンのあとは『小惑星(7つほど)』を予定しております。

 


講座詳細

日程・会場

【日程】2020年4月24日(金)、5月22日(金)、6月26日(金)

【時間】14:30~16:30

【会場】4月24日(金)大阪駅前第3ビル

5、6月は会場未定ですが、梅田周辺【大阪駅前第2ビルや大阪駅前第3ビルの予定】です。※会場は決まり次第アップします。

※講座回数は3回の予定をしておりますが、講座の進み具合によって回数が増える場合もございます。その分、他では聞けないようなお話をたくさんしていただけます。あらかじめご了承ください。

 

講師

伊泉龍一先生

占星術完全ガイド 古典的技法から現代的解釈まで [ ケヴィン・バーク ]

価格:3,240円
(2019/3/28 23:12時点)
感想(1件)

受講条件

初心者の方からプロの方まで。

 

配布資料

資料がある場合は講座当日に配布いたします。(講座料とは別途実費となります。)

 

講座内容

『天王星と海王星と冥王星の象徴的意味――エソテリック占星術から心理占星術まで』

20世紀後半の占星術では、ホロスコープ(星の配置図)の中に、天王星・海王星・冥王星が導入されるようになりました。まず今回の講座では、近代の占星術史の中で、天王星・海王星・冥王星を、占星術師たちが受け入れていくにあたって、それらをどのようにして概念化し、どのような象徴的な意味を割り当てるようになっていったのかを概観します。その中で、天王星・海王星・冥王星の登場によって、占星術が近代のオカルティズム、そしてニューエイジの心理学やスピリチュアリティと融合していくための重要な役割を果たしてきたことが見えてくることでしょう。

「変革」、「幻想」、「死と再生」。そんなキーワードに託された天王星・海王星・冥王星のシンボリズムの持つ意味を改めて見直しながら、現代占星術とは何かを考えてみたいと思います。

伊泉龍一先生からの案内文より。

 

受講料  

1講座 6,000円(税込)※当日現金のお支払いです。おつりが出ないようお願いいたします。


開催済分インターネット講座

インターネット講座を予定しております。

すでに開催された現代の心理占星術講座『12ハウス』、『惑星』もご用意しております。

コメント