伝統的占星術シリーズ講座5『アスペクト』

開催済み講座
終了しました。インターネット講座をご利用ください。

【2018年6月22日 講座時間:約1時間45分】

【2018年7月27日 講座時間:約1時間50分】

【2018年8月3日 講座時間:約2時間】

インターネットについて

インターネット講座お申込みフォーム


講座詳細

伝統的占星術の「アスペクト」を学ぶ

参加者全員の出生時の星の配置図(ホロスコープ)を作成し、それを分析する様々な技法を紹介します。

今回は「アスペクト」という考え方を詳しく説明するとともに、それをもとに惑星同士の関係が、その人の性格、才能、運命などに、どのような影響を及ぼすと考えられていたかを説明していきます。

そもそも、それぞれのアスペクトがどうしてそう意味を持っているのかという背景にある考え方から説明しますので、アスペクトを学び直して見たい方も、ぜひご参加ください。

一般的にアスペクトと言えば、120度は「調和」、180度は「緊張」といった意味をただ暗記することが多いようですが、伝統的な占星術における「サイン同士のアスペクト」の考え方を知ることで、それぞれのアスペクトが持っている本来の意味を理解していきます。

ヘレニズム期の占星術での天体同士の「見る・見られる関係」に注目していきます。


【日程】  2018年6月22日(金)、7月27日(金)、8月3日(金)

【時間】  13:30~15:30

【会場】  6月22日、7月27日 大阪駅前第3ビル 8月3日 大阪駅前第2ビル

【講師】 伊泉龍一先生

【受講料】 1講座につき6,000円(税込)

【持ち物】 ご自身のホロスコープをプリントアウトしたもの、筆記用具
http://www.unmeinosekai.com/astrology/myhoroscope.html
※先生のHPのホロスコープ作成にとびます。


伝統的占星術関連書籍

コメント