伝統的占星術とは?

つぶやき

伝統的占星術

現在よく使われている『占星術』とはちょっと違います。

何が違うの?と気になる方のために、簡単になりますが説明させていただきますね♡

  • このHPでは、現在よく使われている占星術を現代占星術、昔からある占星術を伝統的占星術と区別するために呼んでいます。
  • ご紹介する伝統的占星術は、※¹ネイタル・チャートから未来予測までの個人鑑定用です。
伝統的占星術

2000年以上前からある伝統的な占星術です。

伝統的占星術とは、

具体的な質問(例:仕事、才能など)に対して、吉凶良い悪いがはっきりと出ます。はっきりした答えが欲しい!!という方にはぴったりの占術です。

四柱推命に近いところがあり、どの占い師がやっても同じ答えが出ます。出るはずです。

※『出るはずです。』というのは、同じ答えであっても占い師によって伝え方が違いますし、鑑定される側の捉え方が違うこともあるからです。伝え方捉え方・・・。私は、鑑定にいらっしゃる方のプラスになる伝え方をすることが大切だと思っています。と、長くなるのでここまでにします。笑

ちなみに現代占星術は性格などを知るのに適しています。

ということで、占い師側も受けられる側も質問によって、伝統的占星術と現代占星術の使い分けができるといいですね。


占い方

伝統的占星術を占術に加えたいという方のために、少し占い方をご紹介します。

伝統的占星術用のホロスコープを作成するときに正確なアセンダント(ASC)が必要になります。ですので生年月日はもちろんのこと、正確な出生時間出生場所が必要です。

現代占星術でも必要ですが、現代占星術では出生時間が分からないときは12:00に設定したりと融通をきかせますよね。

伝統的占星術はそれができないので、使いづらいところはそこかなと思います。


そして、惑星は7天体のみ。占星術を知っていらっしゃる方ならご存じの、

  • ♄土星
  • ♃木星
  • ♂火星
  • ☉太陽
  • ♀金星
  • ☿水星
  • ☽月

伝統的占星術では、惑星が重要です!!

惑星には基本、ベネフィック(良い)・マレフィック(悪い)があります。(ない惑星もあります。)

現代占星術には、トランスサタニアン(♅天王星、♆海王星、♇冥王星)や他に小惑星などありますが、伝統的占星術はとても簡潔です。


最後に。

読み方にはルールがあります。簡単に説明します。

質問に該当するハウスを確認。

ハウスのサインを確認。

サインから※²シグニフィケーターとなる惑星を見つける。

こういった手順でホロスコープを読んでいきます。もちろん鑑定にはこのあとがあります。

アスペクト、※³ディスポジター・ツリー、※⁴エッセンシャル・ディグニティ/ディビリティ・・・などなど。

現代占星術に慣れてしまっている方からは難しいとよく伺いますが、ルールを覚えてしまえば

ガンガン使える伝統的占星術。興味を持ってもらえたら嬉しいです。

私の学び方

最近では伝統的占星術を学ぶのに日本語訳の本が出てきていますのでそれで学ぶことも良いと思います。

でも日本ではあまり浸透していない伝統的占星術。読むだけではなかなか理解できないことも多いかと。

私の場合になりますが、講座で学びながら(学んだあとに)本を読むとすんなり入ってきました。

受講して本で復習予習ですね。

伝統的占星術が気になった方へ

伝統的占星術のおすすめインターネット講座があります。良かった覗いてみてくださいね。


※¹ ネイタル・チャート・・・その人の生まれたときの星の配置図。

※² シグニフィケーター・・・その人自身を表す。

※³ ディスポジター・ツリー・・・星の系統(配列)を作る。

※⁴ エッセンシャル・ディグニティ/ディビリティ・・・惑星に威厳がある状態/威厳がない状態。

伝統的占星術関連書籍

現代占星術家(モダンアストロロジャー)のための伝統占星術入門  ベンジャミン・ダイクス/著 田中要一郎/訳

クリスチャン・アストロロジー ウィリアム・リリー/著 田中要一郎/監修 田中紀久子/翻訳 

星の階梯Ⅰ kuni.kawachi/著 

占星術完全ガイド ケヴィン・バーグ/著 伊泉龍一/翻訳 

コメント